浦和ラグビースクール

  • お問い合わせ
  • 個人情報保護方針
  • NPO法人 スポーツクラブ遊の紹介
スクール生募集
ページタイトル
  1. ホーム > 
  2. ご挨拶 > 
  3. 浦和ラグビースクール憲章

浦和ラグビースクール憲章

~浦和ラグビースクールに関わるすべての人たちへ~

  1. 私達は「礼儀」「勇気」「思いやり」の気持ちを大切にします。
  2. 私達はラグビーが好きな仲間を増やします。
  3. 私達はラグビーを通じて成長します。

『浦和ラグビースクール憲章』制定にあたって

浦和ラグビースクール(以下URS)は、ラグビーを通じて子供達の健康な身体と精神を育成したいとの思いから1984年、代表の飯塚博明氏を中心に12名の児童と
3名のコーチで発足しました。

子供達の中には色々な体格や運動能力の子がいます。ラグビーでは、それぞれにふさわしいポジションがあり、ルールに基づきそれぞれの持ち場で精一杯努力し、
お互いに助け合うことで参加する全ての子供がゲームを等しく楽しむチャンスを得ることができます。

それがラグビーというスポーツの素晴らしさです。「ラグビーは少年を大人にするスポーツである」と言われます。また、ラグビーを通じ相手を敬う気持ちや
フェアプレー、ノーサイドの精神など子供たちが成長していく上で、また日々生活していく上で必要な様々なことを体感できるスポーツです。

一人でも多くの「ラグビーの好きな子供を育てる」という考えのもと、URSでは日頃の練習だけでなく合宿、遠征などの行事においても、準備から後片付けに
至るまで全て指導者自らが行う自主運営を基本として活動しています。
子供は、自分自身の喜びや楽しみのためにラグビーに参加しているのであり、親や指導者の喜びのためでないことを忘れてはなりまません。

全ての子供がゲームに出場し、純粋に楽しむ場を提供すること、子供達の成長を見守る姿勢を持ち続けることこそ指導者の役割と考えています。
URSではスクール生ならびに指導者を含めた全員が平等に会費を納めています。さらにURS創立当時の命名にも由来するのですが、「スクール」の名に
こだわったのは、ラグビーを通じて「学習」するという強い思いと子供達に教える以上、「学習」することは指導者の責務であると位置づけています。
URSは、父母会を設けておりませんが、保護者の皆様に三信条をご理解していただくことでスクール活動が成り立っています。

創立当時から受け継がれるURSの三信条を再確認すると共に、子供たちのために子供達を中心とした浦和ラグビースクールに関わる私達は、ここに
「浦和ラグビースクール憲章」を制定いたします。